オフショア開発の最新動向から失敗パターンまで無料で情報提供

  • サービスに関するお問い合わせ 無料 お問い合わせフォーム
  • 専門家がご相談をお受けします 無料 ご相談フォーム

オフショア開発で期待通りの効果が得られた企業は35%に過ぎません。 ※「企業IT動向調査報告書2014」(一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会)より オフショア開発の成功確率は1/3程度しかありません。必要な知識を吸収し、十分な事前検討をしっかりと行わないと、せっかくの取り組みが徒労に終わってしまいます。

  • サービス
  • システムエンジニアリングサービス(SES)
  • ハイブリッドオフショア開発サービス
  • オフショア開発サービス
  • マッチングサービス
  • コンサルティングサービス

オフショア開発が失敗する5つの理由(4)

今回より5回シリーズで「オフショア開発が失敗する5つの理由」についてお話させて頂きます。
■日本側に「仕切る人間」が居ない

中国・大連出張レポート(前編)

出張レポート記事では、多少くだけた表現とともに現地の情報を生っぽく提供しております。
本記事は2015年冬の時点でのレポートになります。お読み頂いている現時点とは若干の差が生じている事がございますので、最新の情報につきましては弊社コンサルタントまでお問い合わせ下さい。

オフショア開発が失敗する5つの理由(1)

今回より5回シリーズで「オフショア開発が失敗する5つの理由」についてお話させて頂きます。
■理由その1:要件定義・概要設計を海外に任せてはいけない

ハイブリッドオフショア開発サービス

実績のある日本国内のシステム開発会社のブリッジSEや管理体制、品質評価基準等を活用してオフショアシステム開発を行う事で、自社のリソースや体制構築の為のコストを抑えつつリソース不足解消とコストダウン、更に柔軟な開発体制の構築を実現いたします。

オフショア開発が失敗する5つの理由(5)

今回より5回シリーズで「オフショア開発が失敗する5つの理由」についてお話させて頂きます。
■日本側に技術的アドバンテージが無い

オフショア開発のコストメリットはどのくらい?

海外オフショア先の開発人件費と日本の人件費の差を利用して、システム開発のコストを削減するのが、一般的なオフショアシステム開発プロジェクトの目的です。

2015.11.30

WEBサイトをオープンしました。

PAGETOP