• サービスに関するお問い合わせ 無料 お問い合わせフォーム
  • 専門家がご相談をお受けします 無料 ご相談フォーム

COLUMN事例紹介

  1. 記事一覧
  2. 事例紹介
  3. オフショア開発事例(システム開発)

オフショア開発事例(システム開発)

概要

オフショア開発はWebシステム開発・スマホアプリ開発・基幹システム開発などの人材確保をしつつ、開発コストを抑える効果がメリットの手法です。

当初は英語圏の国の間で行われるようになり、その後日本を含む世界へと広まっています。

日本での導入当初はインドが主な委託先でしたが、徐々に韓国・中国・ベトナムへと広がり、近年では中国と東南アジアをメインに落ち着きつつあります。

業務例

オフショア開発では、営業や企画・設計・納品・サポートなど顧客に近い業務は日本で、システム開発の実装やテストなどは海外の開発会社に委託するといった形で分業する場合がほとんどです。

日本よりも安価な人件費で海外のスキルの高いエンジニアを活用することができます。

オフショア開発でのメリット・デメリット

オフショア開発で委託先の開発会社では、日本語でコミュニケーションが可能であること、クオリティ・セキュリティレベルが日本でのものと遜色ないことなどを重視しています。

言葉や商習慣の違いから意思疎通のコストがかさんでしまいコストメリットを打ち消してしまったり、品質や契約内容をめぐる認識の相違からトラブルになってしまう事態も少なくありません。

オフショア開発での失敗の原因理由やデメリットは大きくまとめてしまうとここに多くあります。

より優良なオフショア開発会社とパートナーを結ぶことができれば、将来的にみても双方とも大きなメリットを見込むことができます。

実績

システム開発会社 A社様

新規案件の仕事が急に入った際に、開発者が足りず案件を受けるかどうか悩んでいるところでした。
はじめは一緒に開発したことのある日本の企業様に稼働してもらえないかお話ししたのですが、タイミング悪くそちらも今は人手が空いてないとのこと。
ですが、その企業様からコネクション・アンド・パートナーズの方をご紹介いただきオフショア開発を導入するに至りました。

担当していただいたコンシェルジュの方へ求める開発者の技術や要望などを伝えると、該当する会社の候補をご提案していただきました。
こちらの要望だけでなく、オフショア開発をスムーズに進めるためのやりとりの仕方など細かいところまで色々と親身になってサポートしてくださいました。
また、オフショア開発企業様でも現地に住む日本人の方や日本語が話せる方が対応してくださり、国内のやりとりとほぼ変わらない環境で会話ができたので安心できました。

結果、単に人材の確保ができただけでなく、スケジュール短縮、コスト減にもつながりました。
オフショア開発ゆえのやりとりや気遣いもありましたが、これをきっかけにオフショア開発企業様とも次の案件も継続してお付き合いをさせていただくことになりました。

PAGETOP